無料の占いサイトと有料の占いサイト

ネット上には占いサイトは無数にあります。
しかし占いサイトをチェックしていると気づくはずです。
占いサイトにいは無料のサイトと有料のサイトがあると。無料と有料があるのなら無料の方がタダで利用出来るのだからお得だと思うかもしれません。
確かにこれがフリーメールや無料のブログなどであれば無料と有料だと多少のサービス内容に差がありこそすれ本質的な役割に大きな違いはないので無料の方がお得だと言えます。
しかし占いサイトに関しては一概にそうとは言えません。

例えば無料の占いサイトで生年月日を入力してクリックを押すと占いの結果が表示されます。
それは今日の運勢かもしれません。しかしそれはあなたのために占われたあなたの今日の運勢ではありません。
パソコンのシステムに組み込まれたその生年月日の人は全て同じ結果になる簡易な占い結果です。

もちろん無料ですからそれに文句をいう筋合いはないわけですが、気軽な気持ちで今日の運勢をチェックして運勢がよかったらラッキーぐらいの気持ちで過ごすのであれば問題はありません。
しかし今日は今後のあなたの人生を決める大事な日で、どうしても今日の運勢を知る必要がある時にその簡易な占い結果で判断しても本当にいいのでしょうか?
個別に占ってもらった結果の方がもっと詳細に今日の運勢を知る事が出来るはずです。

そして有料サイトでは対面はしていないものの、あなたの占い結果をちゃんと占い師が占ってくれてその結果を伝えてくれるのです。
つまりあなたのために占った占いの結果という点に料金が発生して、その料金は支払う価値は十分にあると言えるでしょう。
鑑定料はサイトによって異なりますが1回1500円前後が相場となっています。
1500円であなたの人生が大きくいい方向へ進む事が出来るのであれば安すぎるぐらいですよね。

無料の占いサイトが悪くて有料の占いサイトがいいと言っているわけではありません。
その時の自分がどちらを必要としているのか状況に応じて使い分けたらいいという事です。
ちなみに有料サイトの占いに関しては占いのお店に行って対面で占ってもらう内容と比較しても遜色ない結果を出してくれるでしょう。

手相で運命線を見てもらう

占いの中でも手相占いはメジャーな占い方法で知名度が高く、またどうゆう内容の占いかほとんどの人が知っていますよね。
そしてそんな手相占いの中でも運命線がどれか分かる人は多いのではないでしょうか?
運命線とは手のひらの中央部分を縦に刻まれている線なのでとても目立つからです。

ただ生命線なら線が長いと長生きしそうというイメージがありますが、それ以外の線の意味まではなかなか把握していない人が多いですよね。
今回は運命線の意味について簡単に紹介したいと思います。
運命線とは男性と女性とでは意味が異なります。
まず男性の場合は運命線とは仕事の事を指します。つまり運命線を見て仕事が上手くいくかを判断するわけです。
一方で女性はというと女性の運命線は家庭と仕事のバランスを見る事になります。
これは結婚後の男性と女性の違いについて意味しているのでしょう。

男性は一家の大黒柱となり仕事で家族を養うので運命線は仕事のみですが、女性は家庭を守る専業主婦もいれば仕事をバリバリとするキャリアウーマンの女性もいます。
キャリアウーマンの女性は男性同様に運命線が太いと言われています。
そして運命線は右手と左手によっても意味合いが変わってくると言われています。
左手はその人の内面を表し、右手はその人の外面を表しているのです。
なので左手の運命線だと内面、つまり仕事へのやりがいを表していて、右手は今自分が置かれておる仕事での境遇を表しています。

手相には長い歴史があります。
昔は女性が働くなんて選択肢はありませんでした、つまり時代によって女性の生き方に変化が現れたように時代に合わせて手相の意味合いにも変化が表れているのです。
時代と共に流動し適応してきたからこそ、占いはこれほど長く人々の生活をサポートする事が出来たのでしょう。
また手相は1人1人違っている個人を特定するものなので、変わらないと思っている人もいるかもしれませんが、年齢と共に手相はゆっくり変化しているのです。

手相占いの的中率は占い師によって違う

手相占いは当たるのか?と聞かれると何を基準にして判断するのか難しいですよね。
他の占いと比べて当たるのかどうかと聞かれるとどの占いの方法が最強だと比較する事は出来ません。
それぞれ占い師は自分が占っている方法が一番当たると思ってその方法を勉強して身に着けたわけです。
誰に聞いても自分の占いが当たると答えるでしょう。
つまり手相の占い師に聞いたら手相占いが一番当たる占い方法だと答えるけど占星術の占い師に聞いたら占星術が一番だと答えるでしょう。

そして占いが好きでいろんな占いをしてもらっている人が10通りの方法で占ってもらったけど一番当たったのは手相占いだったと答えるかもしれません。
しかし同じふうに10通りの方法で占ってもらっても他の人は姓名判断が一番当たったと答えるかもしれません。
占いとの相性もあるのかもしれません。

また占い師によって的中率は全然違ってきます。
手相の占い師でも9割近く的中率を誇る占い師もいれば3割程度の的中率しかない占い師もいます。
またあなたが占ってもらうタイミングにもよりますよね。ちょうど運気が高まっているところで分かりやすい運気をしている場合と停滞期でここ数年は変化がない時とではあなた自身の難易度が変わってるはずです。

つまり状況によって当たる場合もあれば当たらない場合もある。
占いとは当たるも八卦当たらぬも八卦と言われる通り100%になる事はないのです。

それでも手相占いは分かりやすい占いだと思います。
手のひらに線があって、それを説明されながら占ってもらえるので説得力があります。
同じ線を持った人が過去にこれだけ大きな成功をおさめたなんて言われると悪い気はしませんよね。
でも手相も日々変化するのであなたが占ってもらった時とその1年後とでは違う結果になって当たり前です。
それなこの1年間であなたがどのように生きてきて、そしてその結果がどう未来に影響したのかを表しているのです。

姓名判断で何が分かるのか?

姓名判断とは名前の画数などからその人の運勢を導き出す占い方法です。
でも占いの材料が名前だけで一体そこから何が分かるの?と思う人もいるでしょう。
しかし姓名判断で運気の流れ、恋愛運、仕事運、金運、健康運など全てを占う事が出来るのです。

姓名判断を占ってもらった事がある人なら、もし自分に子供が出来て名前を名付けるという事になったら最高の運勢の名前をつけたいと思うはずです。
そうなるといろいろ調べてしまい、考えすぎて結局どうすればいいのか分からなくなってしまいそうですね。
ですが本来名前をつけるという事はそれだけ重要な事なのです。

いい加減に名前を付ける親はいないと思いますが、姓名判断などを一切調べずに名づけている人がいたらその子の運勢を大きく左右するかもしれない名前ですからもっと調べて納得のいく名前をつけて欲しいと思います。
ただもうつけてしまった後にその名前がすごく姓名判断上運勢が悪い名前だと分かったらどうすればいいのでしょうか?

その証拠というわけではありませんが、現状ですごく不運な人生を送っていたら姓名判断に説得力が出ますよね。
実際のところ法律的には名前は改名する事が出来ます。
さすがに苗字も名前もすべて変えるというのは難しいところですが、例えば性同一性障害の人が戸籍を男から女に変える場合に男性名から女性名に変える事は可能です。
もちろん性同一性障害以外の人は名前を変える事が出来ないのかというとそうではありません。
ただいきなり名前が変わったら周囲の人も戸惑いますよね。

そこで名前は呼び名は変えないけれど、当てはめる漢字を変える事で総画が変わる運勢を変えるという方法を選ぶ人が多いそうです。
これなら全く別人のような名前に変わるわけではありませんし、名前で呼んでいても意外と漢字で覚えているわけではありませんから周囲に気づかれない事の方が多いでしょう。
手続きなどが多少面倒もありますが、それでも名前1つで運勢が大きく変えられるのであれば改名をする価値は十分にあると思います。

ただやはり改名は面倒がつきものです。親が子どもに名づけるさいに姓名判断の事まで考慮して名づけて欲しいと思います。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.